乳酸菌の種類ってどんなもの?4種の代表的な乳酸菌の特徴を紹介

乳酸菌,種類,特徴

一言で乳酸菌と言っても、350種類以上と驚くほどたくさんの種類があります。
乳酸菌は、属、種、株、またその性質に基づいて分類されています。
種類によって効果が大きく違うのも、乳酸菌の大きな特徴です。
代表的な乳酸菌は、以下のような物で、ヨーグルトやチーズなどに含まれています。

  • ビフィズス菌
  • ラブレ菌
  • ガゼリ菌
  • クレモリス菌
ビフィズス菌の特徴

ビフィズス菌は赤ちゃんの時に母乳を飲むことによって腸の中に増える菌です。
悪玉菌を抑制する菌です。
善玉菌を増やす働きや酢酸という酸を作り出す働きもあります。
腸の中の環境を整えるビタミン群を作り出す働きもあります。
このビフィズス菌の大きな特徴は、他のほとんどの菌と違って胃液の作用によって死んでしまわないというところです。
乳酸菌サプリメントの中にはビフィズス菌が含まれているものが多いです。

ラブレ菌の特徴

ラブレ菌は植物性の菌なんですが、更年期障害を改善します。
とても女性の役に立つ菌です。
抗ウイルス作用や免疫を調節する作用、さらに抗腫瘍作用があります。

ガセリ菌の特徴

ガゼリ菌は腸にとってすごく有益な菌です。
ヒト腸内乳酸菌と呼ばれる菌です。
この菌は胃粘膜にくっつきやすい性質で、胃の中で効率的に働きます。
胃の中で胃潰瘍や胃炎、胃がんなどの原因になるピロリ菌を減少させます。
また消化性潰瘍を改善する働きもあります。
それからダイエット効果もあり、3ヶ月も腸の中に留まってその間ずっと脂肪の吸収などを抑制してくれます。

クレモリス菌の特徴

クレモリス菌は血行を良くする菌です。
それ故の美肌効果があります。
また肌本来の力を引き出す働きもあります。

 

これらの他にもまだたくさんの菌があります。
自分の目的に合った菌を見つけて、それが含まれたものを取り入れてください。

↓↓乳酸菌サプリで免疫力の向上が期待できる人気リスト↓↓

乳酸菌で免疫力向上

>>乳酸菌サプリの人気ランキングはコチラから確認できます!<<